【python】基礎を復習 (リスト, タプル, ディクショナリ)

それぞれ括弧の種類がちがう。

  • リスト => [ ] (角括弧)
  • タプル => ( ) (括弧)
  • ディクショナリ => { } (中括弧)

リスト

#基本
# 空リスト作成
list1 = []
list2 = list()

# 要素の含むリスト作成
list3 = [0, 1, 2]
いわゆる配列にあたる。
list1 = [1 , 2, 3]

# 他のリストのコピーを作成 (完全なコピーではない)
list2 = list(list1)

# 連番のリストを作成
list3 = range(3)        #[0, 1, 2]
list4 = range(3, 5)     #[3, 4, 5]
list5 = range(1, 21, 3) #[1, 4, 7, 10, 13, 16, 19] 3番目の引数で値の増減量を指定
rangeはfor文でも便利に使えるのでどんどん使いたいところ。

タプル

# 空タプルの作成
tuple1 = ()
tuple2 = tuple()
# 要素が1つのタプルの作成
tuple3 = (1,)
# 複数要素からなるタプルを作成
tuple4 = (0, '1', 2, [3], -4)
タプルは、変更のできない配列。

タプル / リストの操作

list  = [1, 2, 3, 4, 5]
tuple = (6, 7, 8, 9, 10)

# 要素の参照
list[1]          # 2
list[-1]         # 5 負数は末尾から参照
tuple[2]   	     # 8

# 要素の代入
list[0] = 100    # [100, 2, 3, 4, 5]
(タプルは変更できないので)要素の代入はリストのみ行える。
#タプル / リストの要素数取得
len(list)
len(tuple)
a = [1, 2, 3, 4]

#要素の取り出し
first = a.pop(0)        # 1 (a == [2, 3, 4])

#末尾の取り出し
last  = a.pop()         # 4 (a == [2, 3])

#要素の追加
a.insert(0, 5)          # [5, 2, 3]

#末尾に追加
a.append(9)             # [5, 2, 3, 9]

#末尾にリスト追加
a.extend([0, 1, 2, 3])  # [5, 2, 3, 9, 0, 1, 2, 3]

辞書 (ディクショナリ)

# 辞書 = ディクショナリ ( ≒ 連想配列)
dic = {"レモン": 100, "アボカド": 150, "椎茸": 200}


# 要素の参照
dic['レモン'] # 100

# 要素の代入
dic['アボカド'] = 300
他の言語の連想配列と同じく、キーから値の取得ができる。
dic = {"a": 100, "b": 200, "c":300}

#キーの取得
print dic.keys()    # ['a', 'c', 'b'] *順不同となるので注意

#値の取得
print dic.values()  # [100, 300, 200]

#キーの存在確認
print "a" in dic    # True

#ハッシュキーの削除
del dic["a"]


【python】基礎を復習 (リスト, タプル, ディクショナリ)” への1件のコメント

  1. ピンバック: Pleiades Eclipse 4.7 Oxygen 2 Windows 64bit Ultimate Full Edition 関連 | SQLの窓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>